ネクステージは人を大切にする事を行動規範としています。
行動規範は、理念の実現を見据えている事はもちろんですが、
仕事を通じて、社員がプロフェッショナルに成長すると共に、
仕事でもプライベートでも、人間として成長してほしいと
願っています。

人を大切にする気持ちは、今まで見えていなかったモノに気づかせてくれます。
今まで表面的に捕らえていた相手の中身を見るようになり、その積み重ねは、
コミュニケーション力の基本「見抜く力」となります。
人を見抜き、未来を見抜き、集まった情報を元に2手3手先を見抜いて行動できます。
コミュニケーション力が向上すると、より良い情報が集まり、仕事にもプライベートにも役立つ
人間力(総合的な能力)が向上すると考えています。
プロジェクトの失敗談でよく取り上げられる原因の1つに「コミュニケーション不足」があります。
対策案として挙げられる内容には、コミュニケーションの場を増やしたり、
ミーティング手法を変更する等が多いと思います。
確かに、ミーティングが不足しているかもしれませんし、一方通行なミーティングや
適切な準備の無いミーティングの様に、手法に問題もあるかもしれません。
しかし、いかなる対策も実施するのはロボットではなく人間です。
人間ですから、感情に左右される事が大きいでしょう。
より良いミーティングの手法も活かすのは人間です。

だからネクステージは人を大切にし、人間力(総合的な能力)向上に努めるのです。
そして、人間力の高い集団として、仕事にも社会にも貢献していくのです。